2013年08月24日

兄弟姉妹の相続

兄弟姉妹の相続についてお話します。
子の相続に比べ、兄弟姉妹の相続は、集めなければならない戸籍の数が数倍数十倍に通常はなります。
なぜなら、子の相続では、被相続人のすべての除籍謄本と原戸籍などと、子の戸籍謄本などで良いのですが、兄弟姉妹の相続では、被相続人の戸籍は当然ですが、それに加えて被相続人の両親のすべての除籍謄本と改正原戸籍も集めなければならないからです。さらに、兄弟姉妹の戸籍謄本などとなり、その兄弟姉妹の1人が亡くなっていれば、代襲相続が起こり、その子の戸籍謄本なども集めなければならないからです。
遺産の相続における協議関係者(相続人)の数も多くなる傾向にあるでしょう。

相互リンク.com 
posted by てらさん at 22:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
最近の記事
カテゴリ
人気記事
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。